山の上の手づくり市とは

母子(もうし)は「三田のチベット」といわれる三田市最北の地で、三田の市街地から車で約30分ほどの山の上のまちです。

標高が約500mあり昼と夜の気温差が大きく、お茶の栽培やお米づくりが盛んな母子茶の里です。

涼しい気候のおかげで虫が少なく、無農薬や減農薬での野菜栽培に適しています。

 

そんな母子で、手づくりの物を売りたい人がいる。

そしてそれを買いたい人がいる。

売りたい人と買いたい人のパイプ役になりみんなで笑顔になれたらいいなと思い、2013年7月、山の上の手づくり市を始めました。

 

地元の人たち自慢の手しごとの物をご用意してお待ちしております。

農作業の休憩がてら、また、ドライブがてら是非のぞきにいらしてください。

山の上のやおやさん